HTMLのpタグとbrタグの違いとは?段落と改行を使い分けよう

 

pタグとは?段落と改行を覚えよう

pタグとは?

pタグはParagraphの略で、「段落」を意味します。
以下のように、使います。

<p>pタグは、段落に使用します。</p>

pタグを使うと、その文章はひとかたまりとなります。

通常、ブラウザで表示すると段落の下が1行分改行されます。

下記を表示させてみましょう。

<p>pタグは、ブラウザで表示すると1行分改行されます。</p>
<p>pタグは、ブラウザで表示すると1行分改行されます。</p>

pタグは、ブラウザで表示すると1行分改行されます。

pタグとbrタグの違いを理解しよう。

長文をwebページに表示する際など、文章の途中で改行をしたい場合があると思います。

そのような場合、<br>タグを使用しましょう。

brタグは、段落の途中で1行分改行をしてくれる要素です。より見やすい文章を作成できるようになります。

また、<br>タグには終了タグは必要ありませんので注意しましょう。

<p>brタグは、段落の途中で表示すると1行分改行されます。<br>brタグは、段落の途中で表示すると1行分改行されます。</p>

brタグは、段落の途中で表示すると1行分改行されます。

brタグは、あくまで段落内の改行ですので、段落と段落の改行や余白の為に使用するのは、間違った使い方です。

理解するポイントまとめ

  • pタグはParagraphの略で、「段落」を意味します。
  • pタグは、ブラウザで表示すると1行分改行されます。
  • 段落の途中で改行をしたい場合は、<br>を使用しましょう。
  • 段落間の改行、余白の為に<br>は使用しない。