SEO対策の基本はGoogleのガイドラインから学ぶのがおすすめ

SEO対策の基本はGoogleのガイドラインから学ぶのがおすすめ

 公開日:

LINEで送る
Pocket

SEO対策の基本はGoogleのガイドラインから学ぶのがおすすめ

「Webサイトで集客する」ためには、「SEO対策が必須」と言われています。しかし、SEO対策って何をすればよいのか?専門知識がなければ不可能だと思っている方も多いかもしれません。
実際、企業や個人でWEBサイトを開設することは、無料サイトやテンプレートを使用することで容易にできます。しかし、いざ開設したばかりのサイトにはほとんどの場合、アクセスはありません。

この記事では、SEO対策の具体的な手法ではなく、SEO対策の基本となる「Googleのガイドラインを知る」ことにフォーカスを当てて、分かりやすくご紹介したいと思います。Googleのガイドラインを知ることは、SEO対策のはじめの一歩です。もし、今あなたが「SEO対策をいろいろ試してみたが効果が出ない」という場合は、根本的にSEOに対する考え方が間違っている可能性があります。

今回ご紹介する内容は、ガイドライン – Search Console ヘルプに掲載されている内容を噛み砕いて説明しています。より詳しく見たい方は、参考にしてみてください。

この記事の目次

Googleガイドラインとは?

Googleガイドライン

まずは、「Googleガイドラインとは何か?」について見ていきましょう。Googleガイドラインとは、「Google 検索結果に表示させるためのコーディングの指針」のことです。つまり、「Googleの検索結果に表示または上位に表示するためにはこういうことに気を付けてね!」という「ヒント集」なわけです。

「答え」ではなく「ヒント」

今までSEO対策に馴染みがない人にとっては、「答え」ではなく「ヒント」ということに疑問を持ったかもしれません。しかし、実はSEO対策には、はっきりとした「答え」はありません。なぜなら、Googleの検索アルゴリズム(検索順位の決定要素)は非公開であるためです。
つまり、SEO対策には「これをしたから絶対に順位が上がる」ということはありません。しかし、このGoogleガイドラインにはその答えに近い「ヒント」が掲載されています。したがって、SEO対策を知るためには、ガイドラインを知ることがまずは重要だということです。

Googleガイドラインの構成

次に、Googleガイドラインの構成をご紹介します。Googleガイドラインでは、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」、「一般的なガイドライン」、「コンテンツ固有のガイドライン」、「品質に関するガイドライン」と大きく4つのカテゴリに分かれています。それぞれにどんな内容が書かれているかを表にまとめてみました。

カテゴリ 内容
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) Google検索に表示させるための方法やWebサイトを作成する際の基本方針を示したカテゴリ
一般的なガイドライン サイトを最適化する具体的な方法について示されたカテゴリ
コンテンツ固有のガイドライン モバイル対応やAMPなど一歩進んだ上級者向けカテゴリ
品質に関するガイドライン 主に、検索結果から除外されるような不適切な手法や対策について示されたカテゴリ

このように分かれています。
何れも非常に濃い内容になっています。すべての内容を理解するには非常に時間がかかりますので、この記事では、初心者の方でもわかりやすくするために、技術的な事よりも「Googleの思想や評価基準」を中心にご紹介していきます。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ウェブマスター向けガイドライン (品質に関するガイドライン)

まずは、「Googleがどんなサイトを評価するのか」を理解しましょう。ここでは、Googleが示す3つの基本的指針を「3大指針」と名付けてみました。

Googleが評価する「3大指針」

  • ・Googleがページを検出できるように手助けする
  • ・Googleがページを理解できるように手助けする
  • ・訪問者がページを利用しやすいように手助けする

この3大指針を意識してサイトを作成することでGoogleは評価してくれます。もう少し詳しく見ていきます。

Googleがページを検出できるように手助けする

Googleの検索エンジンは「クローラー」と呼ばれるロボットがWeb上を巡回しています。このクローラーがページの変更や追加を認識し、Googleの検索結果に反映します。(※クロールと言います。)「クローラーがページを検出しやすいように最適化しましょう」ということです。

Googleがページを理解できるように手助けする

Googleのクローラーは、ページの内容を理解しようとします。このサイトが何について書かれているのか、訪問者にとって豊富な情報量や重要なキーワードが含まれているか等を判断します。また、画像やJSファイルがサイトのパフォーマンスに大きな影響を与えていないかなども判断しています。

訪問者がページを利用しやすいように手助けする

最後に、訪問者が利用しやすいページであるかが重要です。リンク切れやページの読み込み速度、デバイスのサイズに最適化されているか、データのやり取りを暗号化しているか、視覚障害者に向けたユーザビリティを考慮しているかなどが挙げられます。

上記の内容は最も基本的な指針として必ず頭に入れておきましょう。

品質に関するガイドラインの基本方針

品質に関するガイドラインの詳細は後述しますが、ここでは基本方針、つまり「こういう考えでサイトを作ってね。じゃないと検索結果からいなくなっちゃうよ。」ということについてだけまとめています。

  • ・検索結果を意識するのではなく、ユーザー(訪問者)の利便性を最優先に考える。
  • ・ユーザーをだますようなことはしない。
  • ・不正行為をしない。
  • ・オリジナル性があるか。競合との差別化。

まず、最も重要なことは「ユーザーにとって使いやすいか、有益な情報か」ということです。SEO対策は小手先の技術でどうにかなるものではありません。とにかく、ユーザー目線でサイトに価値があるかを意識する必要があります。

また、不正行為や他サイトからの転用記事などもガイドラインに反する行為です。絶対にやめましょう。

一般的なガイドライン

一般的なガイドライン

この「一般的なガイドライン」カテゴリでは、より具体的な最適化についての方法がまとめられています。ここからは、少し技術的な用語なども出てきて難しく感じる方も多いかもしれません。もし、出てくる用語が全く分からないという方は、このガイドラインを知る前にHTMLやCSSについて基礎的な知識を学ぶことをお勧めします。このサイトでは、初心者の方向けにHTMLやCSSの勉強用記事もありますのでぜひ参考にしてみてください。

HTML&CSS講座

一般的なガイドラインの構成

このカテゴリでは以下のような構成になっています。

  • ・検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド
  • ・HTTPS でサイトを保護する
  • ・シンプルな URL 構造を維持する
  • ・Google に外部リンクの関係性を伝える
  • ・子供向け取り扱いのタグのサイト
  • ・ブラウザの互換性
  • ・重複コンテンツ
  • ・リンクをクロールできるようにする
  • ・Google 検索でウェブサイトをテストする場合のおすすめの方法

それぞれの概要を見ていきましょう。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

こちらは、最も基本的なSEOについて書かれたパートになっており、むしろサイトを作成する前に頭に入れておくことが望まれる内容です。titleタグやdescriptionタグの正しい使い方や、サイトの階層について、URLの使用方法についてなどが書かれています。このガイドに則ってサイトを作成するだけで、かなり最適化されたページを作成することができます。

HTTPS でサイトを保護する

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)とは、データの送受信のやりとりを暗号化する接続方法のことです。つまり、ユーザーにとって安全であり不正アクセスを防ぐことができます。従来は、ネットショップや個人情報を扱うサイトに導入することが多かったのですが、現在はジャンルを問わずすべてのサイトに導入することが推奨されています。

レンタルサーバーなどでは、無料でこのHTTPS接続(SSL化)できる場合も増えているので、必ず導入しましょう。

シンプルな URL 構造を維持する

サイトのURLは、できる限りシンプルな構造にする必要があります。また、人間が理解しやすいように意味のない単語の使用を控えます。
例えば、「犬の種類」に関するページであれば、「犬」を意味する「dog」という単語と「種類」を意味する「type」をハイフンでつなぎます。「https://example.com/dog-type」とこのようにします。これを「dogtype」としてしまうと、単語としての意味が正しく伝わらなくなってしまいます。

また、ハイフンではなくアンダースコアやその他の記号を使用することは推奨されておらず、「/123」などのIDによるURLも意味を持たないため避けるべきです。

Google に外部リンクの関係性を伝える

Googleのクローラーは、リンク(<a>タグ)を辿り巡回します。その際、ドメインの違うサイトへのリンクを「外部リンク」と呼び、外部リンクと自サイトの関係性をGoogleに伝える必要があります。関係性がないサイトの場合(※例えばWikipediaなどの参考URLなど)は、「<a>タグ」に「rel属性」を追加する必要があります。このrel属性を追加することによって、クローラーがリンクを辿ることがなくなります。rel属性には、以下の3種類が設定できます。

relの値 説明
sponsored 広告や有料リンクに対して使用します。
ugc コメントやフォーラムなどユーザーが作成したコンテンツへのリンクに使用します。
nofollow 上記に該当しない外部リンクに使用します。内部リンクの場合は、nofollowではなくrobots.txtを使用します。

これらの設定をすることで、Googleのクロールを回避することができます。

子供向け取り扱いのタグのサイト

あまり知られていないとは思いますが、アメリカには「児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)」という法律があり、子供(13歳未満)がインターネット上で収集するコンテンツを保護者が管理することができるようにする法律です。

Googleでは、子供向けサイトに対して「タグ付け」を行うことができ、Googleに対して子供向けのサイトとして扱うことを申請することができます。ちなみに、現時点では、この設定を行ったことで検索順位に影響はありません。もし、海外向けの子供向けコンテンツを取り扱う場合は、知っておく必要があります。

ブラウザの互換性

「ブラウザ」とは、主にインターネットを表示するためのソフトウェアです。有名なブラウザには、「Google Chrome」や「Microsoft Edge」、「Safari」、「Firefox」、「Opera」などがあります。実際この記事を表示しているのもWebブラウザです。

しかし、このブラウザによって同じHTMLでも表示が異なる場合があります。これらの互換性の問題への対策としては、「できるだけ多くのブラウザでテストする」ことや「無駄なHTMLを記述しない」、「文字エンコーディングを指定する」、「Flash や ActiveXなどブラウザに依存する技術を使用しない」といった対策が必要になります。

重複コンテンツ

重複コンテンツとは、内容が全く同じページをドメイン内や複数ドメインにまたがって存在することを指します。いわゆる「コピーページ」です。
もちろん意図的に他サイトの内容をコピーすることは悪質なペナルティとして検索エンジンから削除されますが、意図的ではない場合もあります。

例えば、PC用のページとスマホ用のページで内容が全く同じページが複数存在する場合や、印刷用のページなど悪意はなくても重複コンテンツが存在してしまう場合があります。このような場合は、Googleに対して「優先するページのURL」を伝えることができます。(※正規化といいます。)

意図的でないとクローラーが判断した場合、ペナルティーは課されませんが、重複コンテンツは無いに越したことはありませんので、できるだけ正規化を行いましょう。

リンクをクロールできるようにする

リンクをクロールできるのは「<a>タグのhref属性」のみです。<a href=”https://example.com”>などは辿ることはできますが、一方で、<a onclick=”goto(‘https://example.com’)”>といったリンクは辿ることができません。できるだけ、前者のように設定を行いましょう。

Google 検索でウェブサイトをテストする場合のおすすめの方法

企業サイトや大規模なサイトの場合、A/Bテストなどユーザーによって表示するページやコンテンツを変えて、クリック率やコンバージョン率などの「テスト」を行いたい場合があるかと思います。そのような場合は、Googleに対して「これはテストのページですよ。」と伝える必要があります。対策としては以下が挙げられます。

  • ・テストページでクローキングを行わない・・・検索エンジンとユーザーに別のコンテンツやURLを表示すること。
  • ・rel=”canonical” リンクを使用する・・・canonicalを使用することで、元のURLを優先させることができます。
  • ・301 リダイレクトではなく、302 リダイレクトを使用する・・・A/Bテストなどでページをリダイレクトする場合は、301(恒久的)リダイレクトではなく、302(一時的)リダイレクトを使用することが推奨されています。
  • ・テストは必要な期間だけ実行する・・・必要以上にテストを長期間行っているサイトは、検索エンジンを欺いていると判断される場合があります。

コンテンツ固有のガイドライン

コンテンツ固有のガイドライン

3つ目のカテゴリは、「コンテンツ固有のガイドライン」です。この項目の多くはより上級者向けとなっており、初心者の方はあまり意識しなくてもよい内容になっています。さらっと流してもらって構いません。

コンテンツ固有のガイドラインの構成

  • ・Google検索でのAMPに関するガイドライン
  • ・Ajaxサイトの拡張
  • ・画像と動画
  • ・ポッドキャスト
  • ・モバイル

Google検索でのAMPに関するガイドライン

AMP(アンプ)とは、Accelerated Mobile Pagesの略で、ユーザーが高速に快適にWebページを読み込むことができる手法のことです。よくニュースサイトなどの記事で導入されています。AMPでページを作成するためには、AMPのHTML仕様に則ってページを作成する必要があります。
特に、Javascriptの使用はかなり制限されるので注意が必要です。AMPが適用されたページには検索画面で⚡といったアイコンが付けられています。実際に検索をして開いてみるとその読み込み速度の違いを感じることができると思います。

Ajaxサイトの拡張

Ajax(Asynchronous JavaScript + XML:エイジャックスやアジャックスと読む)とは、JavascriptとXMLを使用して非同期にサーバとの間で通信を行うことです。
GoogleMapなどの地図サービスを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。地図サービスでは、ドラッグをすることで世界中のどの地点に移動しても画面を再度読み込む必要がなく、画面が遷移します。このように、毎回ページを読み込む必要性がないので、ユーザーの利便性が非常によくなります。

しかし、Googleのクローラーは「リンクを辿る」ことは得意ですが、AjaxなどJavascriptの検出は苦手としています。もし、SEO対策が必要なページに、Ajaxを使用する場合は、クローラーが適切にリンクを検出できるように工夫する必要があります。

画像と動画

ECサイトなどでは、Googleの「画像検索」を使用して目的のアイテムを探すユーザーもいます。ユーザーに画像や動画を見つけてもらいやすくするためには、ページ内の画像に対して、以下のことに注意する必要があります。

  • ・ユーザーに高い利便性を提供する
  • ・ページのタイトルと説明を確認する
  • ・構造化データを追加する
  • ・速度を考慮して最適化する
  • ・高画質の写真を追加する
  • ・画像に記述的なタイトル、キャプション、ファイル名、テキストを含める
  • ・わかりやすい代替テキストを使用する

動画の検索について

動画に詳細情報を追加することで、検索結果において「拡張表示」をすることができます。また、動画検索結果に表示するための最小要件は以下の通りです。

  • ・動画サイトマップを作成する
  • ・ログインしなくても閲覧できるページに配置する
  • ・ページの内容に関連性が高い動画を配置する

ポッドキャスト

Podcast(ポッドキャスト)」とは、音声や動画をインターネット上に公開する手段の一つで、専用アプリを使用することで好きな音声や動画を見つけて無料で視聴することができます。ポッドキャストは、Google検索上にも表示することができ、通常のページと同様にインデックスされることで公開することができます。

モバイル

今やスマートフォンを利用して検索するユーザーは、PCを利用して検索するユーザーと同等もしくはそれ以上と言われています。Googleは、PCだけでなくスマートフォン向けにも表示や読み込み速度を最適化することを推奨しています。もし、自分のサイトが対応できているかわからない場合は、モバイルフレンドリーテストでURLを入力して試してみてください。

品質に関するガイドライン

品質に関するガイドライン

最後は、「品質に関するガイドライン」です。これまでは、「こうすることが望ましい」という内容でしたが、ここでは逆に「こういうことはすべきでない」という内容です。こちらのガイドラインに違反することで検索結果に表示されなくなる可能性があります。一度ペナルティを受けたサイトはそこから復活するのに時間と手間がかかります。必ず頭に入れておきましょう。と言っても自然にサイト運営をしている場合は、問題はありません。しかし、どうしても検索上位に表示したいとの思いから、ガイドライン違反をしてしまう可能性もゼロではありませんので、注意しましょう。

品質に関するガイドラインの構成

  • ・コンテンツの自動生成
  • ・不正なリダイレクト
  • ・リンクプログラム
  • ・クローキング
  • ・隠しテキストと隠しリンク
  • ・誘導ページ
  • ・無断複製されたコンテンツ
  • ・アフィリエイトプログラム
  • ・キーワードの乱用
  • ・悪意のある動作を伴うページの作成
  • ・ユーザー生成スパムに関するガイドライン
  • ・コメントスパムを防止する方法
  • ・スパム、有料リンク、マルウェアを報告する

コンテンツの自動生成

プログラムによって自動的に生成されたコンテンツをSEO目的で公開することでペナルティの対象となります。主に、キーワードを大量に含んだ意味のない文章などが該当します。

不正なリダイレクト

Googleのクローラが認識した内容とは異なるページへのリダイレクトは、ユーザーやクローラーを騙す行為として違反となります。もちろん、新しいアドレスへの移転に伴うリダイレクトやJavascriptなどを使用して、ログイン後にマイページにリダイレクトするといった場合は違反とはなりません。

リンクプログラム

SEOに興味のある人なら「リンク」の重要性は知っているかもしれません。しかし、検索順位を上げる目的でリンクを売買することはガイドライン違反となります。例えば、「被リンク○○個で●●万円」などと謳う業者も以前に比べれば減りましたが、未だにそのようなサービスを行っている業者もあります。
また、検索順位の為の相互リンクのページを作成するといった行為も違反となります。「リンク」は自然に集まってこそ評価されるものです。独自性のある有益なコンテンツを作成するように心がける必要があります。

クローキング

クローキングは、検索エンジンとユーザーに対して別々のURLを表示することです。例えば、検索エンジンにはHTMLのページを、ユーザーには画像のページを表示するといった行為です。

隠しテキストと隠しリンク

一昔前に非常に多く見受けられた「隠しテキスト」や「隠しリンク」も違反です。例えば、「白の背景に白のテキストを使用する」や「フォントサイズを0にする」といった行為です。ユーザーに見えないところで大量のキーワードをページに埋め込むことで、検索上位を狙う手法です。

誘導ページ

俗に言う「サテライトページ」と呼ばれる誘導のためのページを大量に作成して目的のページへ誘導する行為です。このサテライトページ自体がダメというより、ユーザーにとって何の利益もないページやリンクを単に検索や誘導目的で作成する行為が違反となります。コンテンツの質が低いページをどんなに大量に作成しても全く効果はありませんので注意しましょう。

無断複製されたコンテンツ

サイトのコンテンツ量を増やすことを目的に他サイトのコンテンツをコピーして公開することは、違反です。Googleは、「独自性」や「付加価値」を評価しますので、他サイトのコンテンツを丸々コピーしただけのコンテンツを公開することはやめましょう。

アフィリエイトプログラム

アフィリエイトプログラムに参加している人は、商品やサービスを紹介するコンテンツを作成しますが、重要なのは「独自性」です。アフィリエイトサイトは、どうしても似たような記事ばかりが増えてしまう傾向にあります。しかし、ユーザーにとって内容の濃い独自性のあるコンテンツをGoogleは求めています。アフィリエイトを行っている人はオリジナルのコンテンツで他者との差別化を図ることで検索順位を優位にすることができます。

キーワードの乱用

何度も出てきているように、Googleは、「ユーザーにとって有益かどうか?」を重要視しています。検索目的のキーワードを羅列(都道府県名や電話番号など)するといった行為はやめましょう。

悪意のある動作を伴うページの作成

ユーザーが意図していない動作(例:勝手にファイルをダウンロードさせる、クリックしたボタンとは関係ないリンクに飛ばすなど)を伴うページを作成することは違反です。

ユーザー生成スパムに関するガイドライン

ガイドライン違反はページ作成者の行為だけではありません。例えば、ブログのコメントへのユーザーからのスパム行為などもペナルティの対象となります。コメントやフォーラムなど不特定多数の人が生成できるページを持っている場合、このようなスパム行為に対してしっかりと対策を行う必要があります。

コメントスパムを防止する方法

コメントスパムにより、検索順位だけでなく、ウィルスやハッキングなどさらに大きな被害をもたらす可能性があります。それらを防ぐ方法として以下のことを検討しましょう。

  • ・コメントを有効にする際は十分に検討する・・・本当にコメント機能がユーザーにとって必要かを十分に検討する。
  • ・コメントおよびプロフィール作成の管理を有効にする・・・コメントやプロフィールの作成を承認制にする。
  • ・スパム対策ツールを使用する・・・ reCAPTCHAなどのツールで対策をする。
  • ・「nofollow」またはより具体的な属性を使用する・・・悪意のある誘導リンクなどに対してPageRankの転用を防ぐ。
  • ・信頼していないコンテンツが検索に表示されないようにする・・・noindexを設定して検索に表示されないようにする。
  • ・コミュニティからヘルプを得る・・・ユーザーからスパム行為を報告を得られるようにする。
  • ・ブラックリストを使用する・・・スパム行為のあるユーザーをブラックリスト化してIPアドレスによりアクセス不可にする。
  • ・スパム行為のあるコンテンツがないかサイトを監視する・・・Googleアラートを使用してキーワードを監視する。

スパム、有料リンク、マルウェアを報告する

ペナルティやSEOとは直接関係しないかもしれませんが、もし自サイトがスパムやマルウェアの被害に遭っているもしくはその可能性が考えられる場合は、すぐにGoogleに報告しましょう。

スパムレポートを送る

まとめ

いかがでしたか?かなりのボリュームになってしまいました。実際は、もっと詳細が書かれていますので、より具体的に知りたい方はぜひ目を通してみてください。

やはり、Googleの方針として「ユーザーにとっての価値を高める」ことと「ユーザーやクローラーを騙すようなことはするな」ということでしょう。これからSEO対策についてもっと勉強したいという方は、この2点を忘れずに良質なコンテンツづくりに邁進することが重要なことだと思います。この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

ガイドライン – Search Console ヘルプ

LINEで送る
Pocket