ブログの文章を読みやすくするコツとは?今すぐチェックすべき5つの項目!【誰でもできる】

 

ブログの文章を読みやすくするコツとは?今すぐチェックすべき5つの項目!【誰でもできる】

一生懸命書いたブログ記事を読んでみると、「結局、何が言いたいんだっけ?」と自己嫌悪に陥ることってありますよね。

「自分って文章を書く才能ないよなー」って。

でも、それは「文章を書く才能がない」わけではなく、「読みやすい文章を書くコツ」を知らないだけかもしれません。

もし、あなたが「ブログの文章がまとまらない」と感じているのなら、すぐに取り入れてみてください。

本記事では、「ブログの文章を読みやすくするコツ」を以下の5つの項目に分けてご紹介します。

  • 「伝えたいこと(テーマ)を一つに絞る」
  • 「1文の長さは60文字程度にする」
  • 「結論から書く」
  • 「接続詞を正しく使う」
  • 「余白を十分にとる」

誰でも簡単に今よりも「読みやすい文章」が書けるようになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ブログの文章を読みやすくする5つのコツとは?

ブログの文章を読みやすくする5つのコツとは?

ブログの文章を読みやすくするコツは、今回ご紹介するもの以外にも多数存在しますが、今回は特に重要な5つをご紹介します。

「伝えたいこと(テーマ)を一つに絞る」

自分が書いたブログの文章が「まとまらない」、「分かりにくい」という方は、「伝えたい事(テーマ)を一つに絞る」ことで改善されます。

例えば、家電Aについて記事を作成するとします。

すると、家電Aの「価格」や「機能」、「使い方」、「レビュー」を一つの記事に詰め込んでしまう人がいます。

ユーザーに対して、「価格の安さ」を伝えたいのか、「使い方(ハウツー)」を伝えたいのかがはっきりしない為、まとまりのない文章になってしまいます。

ブログ記事を作成する際は、テーマを一つに絞って、各テーマごとに記事を作成することで「分かりやすく、まとまった文章」になります。

「1文の長さは60文字程度にする」

ブログの文章は、1文の長さを「60文字程度」にしましょう。

1文を短くすることで、分かりやすく読みやすい文章になります。

また、おのずとシンプルな文章になることもメリットです。

Search Console では、SEO を始めたばかりの方から、SEO に関する上級者向けのトピックを習得している方まで、すべての方を対象として、Google 検索でのサイト パフォーマンスのモニタリングと最適化に役立つさまざまなレポートを提供しています。

引用元:Search Console の上級者向けガイド  |  検索セントラル  |  Google Developers

これを60文字程度にまとめると、以下のようになります。

Search Console では、Google 検索でのサイト パフォーマンスのモニタリングと最適化に役立つさまざまなレポートを提供しています。
SEO を始めたばかりの方から、SEO に関する上級者向けのトピックを習得している方まで、すべての方が対象です。

1文の文字数を少なくすることで、同じ意味の文章を書いても分かりやすさに大きな差が出ます。

「結論から書く」

ブログは小説などと違い、ユーザーが「文章を楽しむ」ものではありません。

全てのユーザーには、「目的」があります。

調べものや学習、購入などの達成したい目的を解決するための手段として、「ブログを読む」わけです。

小説のように、「最後まで読んで初めて結論が分かる」なんてことは全く求められていません。

すぐに結論が知りたいわけです。

したがって、最終的に何を言いたいのか(結論)を冒頭に必ず入れましょう。

【書き出しの例文】
例)掃除機Aと掃除機Bの比較で、おすすめはどちらか?

結論なし書き出し例文
・今回は、商品Aと商品Bを比較しました。商品Aは価格が安く、電力消費も少ないです。商品Bは、最新モデルでゴミの吸い込むパワーに優れています。どちらも人気があるモデルです。
最後まで読むと、あなたに最適な掃除機が見つかりますよ。

結論あり書き出し例文
・今回は、商品Aと商品Bを比較しました。商品Aは価格が安く、電力消費も少ないです。商品Bは、最新モデルでゴミの吸い込むパワーに優れています。どちらも人気があるモデルです。
先に結論を言ってしまうと、「商品Aの方がおすすめ」です。商品Bに比べて、圧倒的な「軽さ」と「コスパ」に優れているためです。
さらに、詳しいスペックを知りたい方はこのまま読み進めてください。

冒頭の書き出し文で、結論を言うことでユーザーが「最も知りたい事」をすばやく知ることができます。

「接続詞を正しく使う」

接続詞とは、「文と文をつなぐ言葉」です。

「したがって」や「ところが」、「なぜなら」、「つまり」などがよく使われます。

文の前後の関係性を正しく伝えるためには、非常に重要です。

アフィリエイトなど、ユーザーの行動を促したい時などに「クルマのウインカー」の役割をしてくれます。

例えば、ある健康食品をアフィリエイトで売りたいと考えたときの文章例を挙げてみます。

【接続詞の使用例】

接続詞なし
・今までどんな商品を使っても改善されませんでした。使って見ると一日で効果を実感しました。

接続詞あり
・今までどんな商品を使っても改善されませんでした。ところが、使って見ると一日で効果を実感しました。

上記の例は「逆接」という接続詞の種類の一つで、前後の文章が反対の関係になっていることを表します。

「改善されませんでした。」と「効果を実感しました。」の部分は反対の関係になっています。

接続詞を使うことで、どの商品の事を言っているかが明確になっていますね。

但し、接続詞は使いすぎると文章が分かりにくくなりますので、使い過ぎに注意しましょう。

特に、「また、」や「そして」、「さらに」などは、使用しなくても意味が通じる場合には、できるだけ使用を控えましょう。

「余白を十分にとる」

文章術とは少し違いますが、「余白」を十分にとることで文章はグッと読みやすくなります。

【余白なしの文章】

「Webサイトで集客する」ためには、「SEO対策が必須」と言われています。しかし、SEO対策って何をすればよいのか?専門知識がなければ不可能だと思っている方も多いかもしれません。実際、企業や個人でWEBサイトを開設することは、無料サイトやテンプレートを使用することで容易にできます。但し、いざ開設したばかりのサイトにはほとんどの場合、アクセスはありません。

余白や改行がないと読みにくく、ユーザーに圧迫感を与えてしまいます。

【余白ありの文章】

「Webサイトで集客する」ためには、「SEO対策が必須」と言われています。
しかし、SEO対策って何をすればよいのか?専門知識がなければ不可能だと思っている方も多いかもしれません。

実際、企業や個人でWEBサイトを開設することは、無料サイトやテンプレートを使用することで容易にできます。但し、いざ開設したばかりのサイトにはほとんどの場合、アクセスはありません。

余白や改行があることで、文章の視認性や可読性が非常に上がっています。

意識的に改行や文と文の余白を広めにとりましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ブログの文章を読みやすくする5つのコツをご紹介しました。

今回ご紹介した内容は、「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。という本でさらに詳しく知ることができます。

この本は、「文章術について書かれた名著100冊を分析し、ノウハウをランキング化」しています。

つまり、文章のプロたちの共通のノウハウをまとめてくれています。

非常に分かりやすく、説得力のある一冊になっているので、気になる方はぜひ読んでみてください。

あなたの人生を変えるかもしれない1冊はこちら