【Easy Table of Contents】の使い方-目次を作成するWordPressプラグイン

Easy Table of Contentsの使い方-目次を作成するWordPressプラグイン

   

LINEで送る
Pocket

Easy Table of Contents

目次を自動作成して表示してくれるWordPressプラグイン「Easy Table of Contents」の使い方をご紹介します。ブログを運営する中で、コンテンツの量が多い記事を書くと、「使いやすさ」の観点からユーザーが求めている情報をすぐに探すことの必要性が高まります。そこで、目次を設定することでそのような問題を解決することができます。

この記事の目次

  1. はじめに
  2. インストール
  3. 設定項目
    3-1.「一般」で設定できる項目
    3-2.「外観」で設定できる項目
    3-3.「カスタムテーマ」で設定できる項目
    3-4.「高度」で設定できる項目
  4. 記事ごとに設定する場合
  5. まとめ

1.はじめに

最後まで見て、「う~ん、求めていたプラグインとは少し違うな~。」とならないようにざっくり機能を説明しますとこのようになります。

  • ・h1~h6を読み取って自動でリストにしてくれる。(※h2,h3のみ表示等も可)
  • ・目次の「表示」、「非表示」を記事ごとに設定できる。
  • ・開閉可。
  • ・挿入場所は、「最初の見出しの上」、「最初の見出しの下」、「トップ」、「ボトム」の4種類。
  • ・日本語対応

ここからは、もっと詳しく設定方法を見ていきます。

2.インストール

まずは、インストールです。「プラグイン」の「新規追加」もしくは、下記からダウンロード後、インストールしてください。

Easy Table of Contents

3.設定項目

管理画面メニューの「設定」の「目次」をクリックすると設定ページが開きます。
各設定項目の詳細を表にまとめました。すべての項目を設定する必要はありません。必要な部分だけ設定してください。

目次設定画面

3-1.「一般」で設定できる項目

サポートを有効化目次を挿入する投稿タイプを設定
自動挿入目次を自動挿入する投稿タイプを設定
位置目次の表示位置を設定
表示条件見出しの数が何件以上で表示するかを設定
見出しラベルを表示目次の上のラベルを表示するか
見出しラベル見出しラベルの文言
折りたたみ表示目次を折りたたみを許可するか
初期状態目次の初期状態を非表示にする
ツリー表示階層を設定する
カウンター見出しに番号の表示を設定する
スクロールを滑らかにするアンカー移動を滑らかにする

3-2.「外観」で設定できる項目

目次の幅を設定(選択式)
カスタム幅目次の幅を設定(数値指定)
回り込み目次の回り込みを設定
タイトル文字サイズタイトル文字サイズを設定
タイトル文字の太さタイトル文字の太さを設定
文字サイズ文字サイズを設定
テーマテーマを選択(自動挿入の目次にのみ適用)

3-3.「カスタムテーマ」で設定できる項目

背景色背景色を設定
枠線色枠線色を設定
タイトル色タイトル色を設定
リンク色リンク色を設定
ホバー時のリンク色ホバー時のリンク色を設定
訪問済みリンク色訪問済みリンク色を設定

3-4.「高度」で設定できる項目

小文字アンカーに小文字を使用するかを設定
ハイフネーション英単語の改行時のアンカーに _ ではなく – を使用するかを設定
ホームページ ホームページに掲載されている項目で目次を表示するかを設定
CSSプラグインの CSS スタイルの読み込みを禁止する
見出し目次の生成時に含める見出しを選択
除外する見出し目次での表示を除外する見出しを指定
スムーズスクロールのオフセットスムーズスクロールを上から有効にした数値分ずらして表示
モバイルのスムーズスクロールのオフセットモバイル端末時のスムーズスクロールを上から有効にした数値分ずらして表示
パス制限サイトルートを基準に、相対パスで目次を生成しないページを指定
デフォルトのアンカー接頭辞ページ内リンクの重複を避ける必要がある場合に独自の接頭辞を設定
ウィジェットの固定セレクタウィジェットに目次を設置する際の固定セレクタを指定

4.記事ごとに設定する場合

自動表示では、すべての記事に自動で挿入されます。
しかし、以前は独自に目次を設定していた人や、記事の内容やボリュームによっては目次を設定したくない場合がある人もいるかと思います。そのような場合には、「自動挿入」ではなく「記事ごとに設定」することができます。

まずは、設定ページで「一般」の「自動挿入」のチェックを全て外します。

全てのチェックを外す

次に、投稿編集ページ下部に下記のような設定ボックスが表示されているかと思います。(※もし表示されていない場合は、上部の「表示オプション」から「Table of Contens」にチェックを入れてください。)こちらの「目次を挿入します」にチェックを入れましょう。これで、記事ごとに目次を挿入することができます。その他のオプションは、設定ページの内容を上書きしますので、必要がある項目のみ設定すればOKです。

「目次を挿入します」にチェックを入れる。

5.まとめ

今回は、目次を作成するWordPressプラグイン「Easy Table of Contents」の使い方をご紹介しました。目次はコンテンツが長くなればなるほどUXの観点からも重要になってきます。ぜひ、導入してみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket