SAKUBUNの料金プランと特徴を解説【AIライティングツール】

AIライティングツール「SAKUBUN」の料金プランと特徴を解説

近年、AI(人工知能)技術の進歩は目覚ましいものとなり、その影響は私たちの生活のあらゆる領域に広がっています。

特に、文章作成においてAIの力を借りることで、効率的で質の高いコンテンツの制作が可能となりました。

AIライティングツールは、そのような進化の一環として登場し、多くの人々にとって重要なツールとなっています。

実は、上記の冒頭文もAIが作成した文章です。

このように、簡単に文章が作成できる「AIライティングツール」の重要性は、今後も益々増していくでしょう。

そんなAIライティングツールの中から、日本国内のAIライティングツール「SAKUBUN」の料金プランとサービスの特徴について解説します。

SAKUBUNの評判やレビューについては、下記記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
SAKUBUNの評判とレビューを調査!実際に使って感じたメリット・デメリットを正直に挙げてみた AIライティングツールの「SAKUBUN」を使えば、魅力的なブログ記事や商品説明文が作成可能です。 本記事では、SAKUBUNの評判やレビューについて調査しました。 また、筆...
この記事の目次

AIライティングツール「SAKUBUN」とは?

AIライティングツール「SAKUBUN」

SAKUBUN」は、文章生成AIである「GPT」を使用したライティングツールです。

ブログ記事を始め、広告文や商品概要、YouTube動画のシナリオ作成などのコンテンツを自動作成できます。

予め用途に合わせた100種類以上の生成ツールが用意されているため、より直感的に操作できるのも特徴です。

項目内容
サービス名SAKUBUN
運営会社名NOVEL株式会社
AIモデルGPT-3.5/4(OpenAI社)
月額料金(税抜き)9,800円~
利用文字数1万文字/月~(※フリープランの場合)
サービス概要

\ 文章作成を自動化 /

SAKUBUNの料金プランとは?

SAKUBUNの料金プランは、「スタンダードプラン」、「プロプラン」、「エンタープライズプラン」の3つから選ぶことができます。

また、お試しプランとして「フリープラン」もありますが、利用文字数に制限があるので、有料プランがおすすめです。

スクロールできます
スタンダード
個人向け
★おすすめ
プロ
人気プラン
エンタープライズ
法人向け
初期費用0円
月額料金(税込)9,800円29,800円~要問合せ
AIモデルGPT-3.5/4GPT-3.5/4GPT-3.5/4
利用文字数/月
(GPT-3.5)
無制限無制限無制限
利用文字数/月
(GPT-4)
10万文字30万文字100万文字
プロジェクト数無制限無制限無制限
ユーザー数3名まで10名まで20名まで
※月額料金は「月額払い」時の税抜き価格

最もおすすめのプランは、ずばり「スタンダードプラン」です。

月額9,800円と少し高く感じるかもしれませんが、GPT-3.5の「利用文字数」が「無制限」は非常に大きいです。

ブログ記事の作成などのライティングで利用したいと考えている方は、文字数の制限を気にしながらの利用は嫌ですよね。

特に、クラウドソーシングといった「副業」としてライターのお仕事をしたいという方は、文字数を気にしていては、稼ぐことができません。

したがって、個人でも小規模事業者でも導入するなら、まずは「スタンダードプラン」がおすすめです。

また、月額払いの場合「月額10,780円」ですが、年額払いにすると「月額9,800円」とお得になります。

また、エンタープライズプランは法人向けのサービスで、上記の表以外にも、「アカウント管理」や「導入のオンボーディング」、「チャットサポート」などのサービスを受けることができます。

プロジェクトに携わる人数が多い企業以外の方は、スタンダードプランで十分でしょう。

\ 文章作成を自動化 /

SAKUBUNの機能や特徴とは?

続いて、SAKUBUNの機能や特徴についてご紹介します。

100種類以上の豊富なテンプレート

50種類以上の豊富なテンプレート

SAKUBUNには、予め作成したいコンテンツに合わせたテンプレート機能があり、ブログ記事やネットショップの商品説明文など用途に合わせて最適な文章を作成してくれます。

ChatGPTのように、すべてを自分で指示する必要がないので、プロンプトなどの命令文が苦手だと感じる方は、特におすすめです。

操作が直感的かつ日本語で利用できる

操作が直感的かつ日本語で利用できる

SAKUBUNは、日本の企業が開発しているツールなので、操作がすべて日本語に対応しています。

また、直感的に操作できるので、初心者の方でもAIについての知識がほとんどいらないのもメリットです。

ペルソナで細かい条件が指定できる

ペルソナで細かい条件が指定できる

SAKUBUNには、「ペルソナ」が作れる機能(β版)があり、ターゲットを絞って文章作成を指示することができます。

例えば、「東京都に住む10代の女性でショッピングが趣味」の人に向けた商品開発のアイデアを作成してもらうなんてこともできます。

ペルソナ(β版)で設定できること
  • 年齢
  • 性別
  • 居住地
  • 職業
  • 趣味
  • 性格

SAKUBUNに関するよくある質問

SAKUBUNに関するよくある質問

SAKUBUNは無料で使えますか?

SAKUBUNには、フリープランがあります。但し、機能に制限があるため、本格的に利用したい方は有料プランをおすすめします。

SAKUBUNの支払い方法は?

SAKUBUNの支払い方法は、「クレジットカード」が基本です。但し、ビジネスプランの場合、銀行振込にも対応しています。

著作権は利用者にありますか?

SAKUBNを利用して作成したコンテンツの著作権は、ユーザー(利用者)にあります。

但し、作成したコンテンツをサービスの向上や改善のためにSAKUBUN側が利用することを許諾する必要があります。

また、第三者から知的財産権の侵害の申し出があった場合、自己責任となります。

詳しくは、SAKUBUNの利用規約を必ずご確認ください。

第12条 (コンテンツに関する権利の帰属)

3.  コンテンツの著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)は、ユーザーテキスト提供時点で当社が既に保有している著作権を除き、コンテンツの提供日時点において、当社からユーザーに移転するものとします。

4.      ユーザーは、前項に基づき著作権の移転を受けたコンテンツにつき、当社が本サービスの機能及び使用感の向上・改善の目的の範囲内で利用することを許諾するものとし、かかる当社の利用につき、著作者人格権を行使しないものとします。

5.     前項の許諾の対価は、前項但書に定める利用料金に含まれるものとします。

6.      ユーザーは、当社及び当社が指定する第三者に対して、著作者人格権を行使しないものとします。

7.      当社がコンテンツに関し、第三者から知的財産権の侵害の申し出を受けた場合、当該コンテンツを提供したユーザーに対し、速やかに申し出の事実及び内容を通知するものとし、当該ユーザーは自らの費用と責任において当該知的財産権の侵害状態を解消しなければならないものとします。


引用元:https://sakubun.ai/terms

未成年でも利用できますか?

できます。

但し、未成年者の場合、利用申込みの時点で親権者その他の法定代理人の同意が必要です。

※申し込みをした時点で、同意を得たものとみなされます。

SAKUBUNの登録手順

SAKUBUNの登録は非常に簡単で、早ければ3分程で終わります。

下記リンク先のページを開きます。

≫ SAKUBUNの申し込みページはこちら

まずは、Googleアカウントもしくは登録したいメールアドレスを用意しておいてください。

STEP
アカウントを登録する

SAKUBUNの利用を開始するためには、Googleアカウントもしくはメールアドレスが必要です。

特にどちらでも構いませんので、選択して「新規登録」を行います。

アカウントを登録する

これだけで、フリープランの利用は開始することができます。

クレジットカードの登録もないですし、フリープランに期限があるわけでもないので、安心して利用できる点も良いです。

STEP
アップグレードするプランを選択

次に、アップグレードするプランを選択します。

画面右下の[アップグレード]を選択します。

画面右下の[アップグレード]を選択

アップグレードするプランの[料金について詳しく]を選択します。

今回は、「スタンダードプラン」にアップグレードします。

パーソナルプランの場合は、使用する文字数を選択します。

また、チームプランへのアップグレードに関しては、問い合わせする必要があります。

アップグレードするプランの[料金について詳しく]を選択
STEP
クレジットカードで決済

プランを選択すると、決済画面が表示されます。

カード情報を入力し、[申し込む]を選択

クレジット決済に不安を感じる方もいるかもしれませんが、決済には、オンライン決済代行の「Stripe」が採用されています。

カード情報は、SAKUBUNのシステムは一切経由せず、Stripe側で処理されます。

Stripeは、世界の数百万の企業が導入している決済システムで、セキュリティー的にも安心して利用することができます。

カード情報を入力し、[申し込む]を選択して完了です。

アップグレードが完了すると、登録したメールアドレス宛に、「請求書」と「領収書」が添付されたメールが送信されるので、必ず確認しておきましょう。

「請求書」と「領収書」が添付されたメールが送信

\ 文章作成を自動化 /

【必見】SAKUBUNを利用する際の注意点

【必見】SAKUBUNを利用する際の注意点

最後に、SAKUBUNを利用する際の注意点についてご紹介します。

AIによるコンテンツの作成は、「黎明(れいめい)期」です。

したがって、法整備やリテラシーといった部分では、まだまだこれからです。

各国の対応によっては、AIの利用に規制や制限が掛かる場合もあるかもしれません。

SAKUBUNに限らず、生成AIを利用する際には、下記の様なことに十分注意して利用しなくてはなりません。

コンテンツの利用は自己責任で!

AIが生成するコンテンツを利用する際は、「自己責任」で利用する必要があります。

第三者とのトラブルが発生しても、サービスを提供している側ではなく、ユーザー(利用者)が責任を取る必要があります。

著作権や肖像権といった権利を侵害していないかを確認する必要があります。

必ずファクトチェックを行う!

AIが生成したコンテンツによっては、正しくない情報が混じってしまう場合があります。

重要なことは、そのコンテンツが本当に正しいかの検証をするということです。

特に、健康や生命に関わるような情報をAIに生成させる場合は、注意が必要です。

専門家や公的機関に問い合わせるなど、必ずファクトチェックを行いましょう。

必ずコピーコンテンツのチェックを行う!

文章を生成し、ブログ記事などで公開する場合は、必ずコピーコンテンツのチェックを行いましょう。

これは、著作権の侵害を防ぐことも目的の一つですが、検索エンジンのコピーコンテンツのペナルティーを受けない為でもあります。

コピーコンテンツのチェックを行うことができるツールとして、「Copy Content Detector」や「こぴらん」なら無料で利用することができます。(※文字数制限などあり)

有料ツールなら「COPIPERIN(コピペリン)」や「chiyo-co」などを利用するのがおすすめです。

個人情報を入力しない!

生成AIに、個人情報を入力しないように注意してください。

特に、企業の内部情報や自治体が持つ個人情報などを入力してしまうと、世界中に情報が漏洩してしまい、悪用される恐れもあります。

サービスによっては、個人情報と判断された情報が送信された場合、生成をストップすることもありますが、100%防げるものでもありません。

AIに入力する情報は、世界中に公開されるという意識を持って利用する必要があります。

AIライティングツールは完全なツールではないと理解する

AIライティングツールは、完全なツールではありません。

あくまで、普段の面倒な仕事や作業を代替してくれる、またはサポートしてくれるツールです。

そのことを理解して利用すれば、本当に便利で効率的なツールだと思います。

まとめ

AIライティングツールSAKUBUN」の料金プランや特徴についてご紹介しました。

AIを利用したブログ記事の作成や新たなビジネスアイデアの発見など、利用の仕方で多くのメリットがあります。

生成AIを利用してみたいけど、プロンプトが苦手な方や日本語で利用したいという方には、おすすめできるツールだと思います。

ぜひ、参考になれば幸いです。

\ AIライティングツール /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次