SAKUBUNの評判とレビューを調査!実際に使って感じたメリット・デメリットを正直に挙げてみた

SAKUBUNの評判とは?筆者が実際に使って感じたメリット・デメリットを正直に挙げてみた

AIライティングツールの「SAKUBUN」を使えば、魅力的なブログ記事や商品説明文が作成可能です。

本記事では、SAKUBUNの評判やレビューについて調査しました。

また、筆者自身も実際に使ってみて、感じたメリットやデメリットを挙げてみました。

興味がある方は、無料プランを利用すれば、クレジットカードの登録不要でお試しで使えますのでよかったらどうぞ!

\ 日本語で操作できる /

料金プランの詳しい解説は下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
SAKUBUNの料金プランと特徴を解説【AIライティングツール】 近年、AI(人工知能)技術の進歩は目覚ましいものとなり、その影響は私たちの生活のあらゆる領域に広がっています。 特に、文章作成においてAIの力を借りることで、効率...
この記事の目次

SAKUBUNの評判やレビュー

まずは、SAKUBUNの評判やレビュー・口コミについて調査しました。

※調査方法:インターネット調査

SAKUBUNの良い評判や優れている所についてのレビュー

まずは、SAKUBUNの良い評判やレビューについてです。

30代 男性

なによりまず、高速で大量のテキストを生成できる点です。
人間が同じ量の作文を作成しようと思うと、はるかに時間がかかります。
また、アクセスできる情報量が大量で、特定の主題に関しても豊富な知識があります。
一つの主題から枝分かれさせていくことも上手なので、文構も自然です。
綴りのミスや文法の誤りもほとんどないので、文章が読みやすいのも良いです。
また、人間のようなミスや感情の影響を受けることがないので、文脈が乱れることがほとんどない点も良いと感じました。

30代 女性

テンプレートがたくさんあったので、操作がとても楽しかったです。特に、AIエディター機能は優秀でした。おかげでテンプレートの切り替えもやりやすく感じました。また、文章の日本語も、とても自然で違和感が全くなかったです。チーム機能で内容を共有することも出来るので、仕事でも使えそうかなと感じます。また、ブログを書く時も、時間をかけずに文章を作れるので、タイムパフォーマンスはかなり上がるかなと感じました。これから流行りそうなツールだと思います。

30代 男性

前提:当方業務改善コンサル事業をしております。
システム全般:プロンプトが必要ないため、ChatGPTなどを使いこなせない人には非常に有用。
使用感:プロンプト不要ではあるが、条件設定は必要。しかしながら、文字入力のところの色が変わるためどの程度情報入力すればよいかがわかりやすい。
文章作成:スピードも速く、文章としても精度は高めと判断。※実際に当方のサイトに掲載する記事のラフ作成に活用
分析関連:ChatGPTでは分析関連はかなりプロンプト精度を高めないと正確なデータが出てこないが、SAKUBUNではある程度の情報を入力すれば、事業構想に必要なSWOT分析や3C分析といった大事な分析が行える。これはAIツール普及したいがITリテラシーが低い人には助かる機能。
テンプレート:AIツールはプロンプト次第という部分が多いが、SAKUBUNではテンプレートがあるため、ざっくりとこういったことがしたいが、どう入力したらよいかわからない人が活用しやすいツールだと思われる。

30代 女性

条件を細かく設定できるのでよりリアリティがあり、チャット形式による再編集も使いやすかったです。最新AIなだけあるなと使ってみることで実感できたし、50種類以上もある独自テンプレートを使ったり直接編集したり、記事やSNSへの投稿文などのテキストを簡単に作成することができました。個人的な利用だけではなく、チーム機能により共有することができてメールアドレスを入れるだけで招待できるので簡単で良かったです。

今回の調査によって、集まった声をまとめると以下のようになります。

SAKUBUNの良い評判や優れている所についてのレビューまとめ
  • 大量の文章が高速で作れる
  • プロンプト(専門知識)が必要ない
  • 50種類以上の独自テンプレートが便利
  • 操作がしやすい
  • SWOT分析や3C分析も可能

SAKUBUNの良くない評判や改善点についてのレビュー

次に、SAKUBUNの良くない評判や改善点についてのレビューです。

30代 男性

情報処理は早いですが、洞察力や感情はやはり人間には及ばないと感じます。
そのため、作文の中身が薄く、深い洞察や感情的な要素が欠けるように思います。
また、ルールに従って文章を生成するためでしょうか、文体が単調に見えます。
読み手にとってワクワクするような魅力的な文章になりにくいです。
そして、最も改善してほしいと思ったのが、誤った情報を提供する可能性があるという点です。
それをチェックする手間があるので、その点が費用対効果としてどう考えるかだと思います。

30代 女性

無料版しか使わなかったからかもしれませんが、出来上がった記事は、やはりリライトが必要かなと感じました。ちょっと内容が薄っぺらく感じてしまったので、もっと深い文章を生成出来るようになったら言うことなしだと思います。また、ちょっと料金体系が分かりにくかったので、もっと安価なコースから使い放題まであれば、やりやすいかなと思いました。人によって使い道がいろいろだと思うので、料金体系のバリエーションを増やして欲しいです。

30代 男性

UI・UX:AIツールを利用する。といった点ではITリテラシーの低い人たちにとっては非常に有能なツールであるが、サイドバーメニューを活用してひとまとめにするといった部分や、プロジェクトといった概念がわかりにくい印象がある。※当方はツール活用しているので理解はできた。そのためターゲット層によって改善が必要。

金額:無料で5,000文字のため、ブログ記事1-2件で無料枠が終了してしまう。無制限で1万円のため、これから参入しようとしている人や、売上をこれから上げていきたい人にはおすすめしにくいツールとなっている。競合にhttps://cohesive.so/があるかと思うが、こちらと比較した場合、文章だけ作成したい人にとっては競り負ける印象がある。

30代 女性

初めて使う時には少し操作がわかりにくいなと感じましたが、こういったツールを使用した経験がある人であればすぐに慣れるかなといった範囲なのでそこまで問題というわけではありませんでした。無料で使えるトライアルがあるので使い勝手が良いか試せるのは良いですが、七日間という短さなので当然あっという間でそのあとは費用が発生するので、しっかり使いこなせないと金銭面の負担だけが発生するのでもったいないかなと感じました。

SAKUBUNの良くない評判や改善点についてのレビューまとめ
  • 文章の中身が薄い
  • 記事のリライトが必要
  • 誤った情報でないかチェックが必要
  • 本格的な運用には無料プランでは厳しい
  • 無料トライアルが短い

SAKUBUNを実際に使って見て感じたメリットとデメリット

SAKUBUNを実際に使って見て感じたメリットとデメリット

ここからは、筆者自身がSAKUBUNを実際に使用して感じたメリットやデメリットについてご紹介します。

SAKUBUNのメリット

SAKUBUNを利用して感じたメリットは、以下の通りです。

SAKUBUNを利用して感じたメリット
  • 操作が日本語で直感的にできる
  • テンプレートが豊富
  • AIエディター機能が便利

操作が日本語で直感的にできる

SAKUBUNは、日本の企業が開発しているツールなので、すべての操作が日本語で行えます。

また、直感的に操作できるので、AIを利用することが初めての方や、ChatGPTのように自分でプロンプト(命令文)を用意する必要がありません。

また、UIも分かりやすくデザインされており、用途を細かく分類しているので、使いやすいツールとなっています。

テンプレートが豊富

SAKUBUNには、100種類以上のテンプレートがあります。

テンプレートは、以下のような用途に最適化されています。

SAKUBUNのテンプレートの種類
  • ブログ記事
  • 広告
  • SNS
  • ECサイト
  • マーケティング
  • 一般
  • メール
  • 営業
  • 動画
  • 求人
  • 不動産
  • プレスリリース
  • カスタマーサクセス

生成AIは、どうしても文章を作成する能力に目が行きがちですが、最も重要なことは「上手に使う」ことです。

どのようなプロンプト(命令文)で指示を出すのかによって、結果が全く違うものになります。

そういった意味で、SAKUBUNのように予め用途や目的を細かく分類してくれているので、自分でプロンプトを作成できないユーザーにとっては、非常に助かります。

つまり、SAKUBUNはAIライティングツールというよりも、「AIライティングツールを上手に使うためのサポート役」といった印象を受けました。

AIエディター機能が便利

SAKUBUNのAIエディター機能とは、「SAKUBUN上で利用できるエディター」です。

テンプレートを自由に遷移して、一つの文章を作り上げることができます。

例えば、YouTube動画のアイデアや構成案を作成したいとします。

以下は、SAKUBUNでYouTube動画の構成を作成する場合の作業例です。

YouTube動画の作業工程
  • ペルソナ策定
  • YouTube動画のアイデア
  • YouTube動画のタイトル
  • YouTube動画の構成案
  • YouTube動画の説明文

このように、YouTube動画のアイデアや構成案から動画の説明文までを作成する場合、それぞれ個別に作成する必要があります。

これを、AIエディター機能を使うと、以下のような一つの画面でそれぞれのテンプレートを遷移できます。

STEP
ペルソナ策定

まずは、ペルソナを策定します。

左メニューから[ペルソナ策定]を選択します。

「ユーザーの悩み」を入力して[生成する]をクリックします。

「ユーザーの悩み」を入力して[生成する]をクリック

すると、ペルソナがあっという間にできますので、[採用する]をクリックします。(※[再生成]で作り直すことも可能です。)

[採用する]をクリック

右側のエディターに反映されます。

STEP
YouTube動画のアイデア

次に、「YouTube動画のアイデア」を選択します。

先程と同じように、必要な項目に文字を入力し、[生成する]を選択します。

必要な項目に文字を入力し、[生成する]を選択

動画のアイデアが生成されます。

[採用する]で、すべての項目をエディターにコピーしても良いですし、気に入った一つのアイデアだけをコピーしても構いません。

STEP
YouTube動画のタイトル

動画のアイデアの中から気に入ったものを、「YouTube動画のタイトル」の「キーワード」欄と「動画の内容」欄に入力します。

「YouTube動画のタイトル」の「キーワード」欄と「動画の内容」欄に入力します。

すると、YouTube動画のタイトル案を作成してくれます。

気に入ったものがない場合は、「クリエイティブの度合い」を変更すると、ユニークなタイトルが生成される可能性が高まります。

STEP
YouTube動画の構成案

次に、動画の構成案を作成します。

メニューから「YouTube動画の構成案」を選択し、「動画の内容」欄に「動画タイトル」と動画の内容を入力します。

YouTube動画の構成案が作成されます。

STEP
YouTube動画の説明文

最後に、YouTube動画の説明文を作成します。

「キーワード」と「動画タイトル」を入力し、[生成する]をクリックすると、動画の説明文が作成できます。

YouTube動画の説明文

これで、YouTube動画の構成案や動画タイトルの作成は完了です。

あとは、実際に動画を撮影し、アップロードします。

いかがでしたか?

実際にこの作業は5分程度で完了しましたので、思っているよりも簡単だと思います。

もちろん、作成された文章や構成を修正や加筆することでさらに精度が上がりますので、ぜひお試しください。

\ 無料プランあり/

SAKUBUNのデメリット

ここからは、SAKUBUNのデメリットに関してご紹介していきます。

無料プランでの運用は難しい

SAKUBUNには、3つの料金プランに加えて「フリープラン」というお試し利用のためのプランがあります。

こちらは、クレジットカードの登録も不要で、メールアドレスがあればすぐに利用を開始することができます。

これ自体はありがたいのですが、フリープランには生成できる「文字数制限」があり、毎月10,000文字までとなっています。

10,000文字というのは、ブログであれば1記事~2記事しか作成できない量です。

したがって、業務やブログ記事作成に導入するなら有料プランが必要になります。

ちなみに、文字数制限が無制限になるのは、スタンダードプラン以上のプランです。

ただ、これに関しては、本格的にサービスを利用するなら「当然」の事でもあるので、費用をどのように採算をとるのかを考えることが重要でしょう。

文章のリライトが必要

SAKUBUNの生成AIには、GPT-3.5GPT-4が使われています。

GPT-4は、文字数制限があります。

したがって、GPT-3.5だと文章が浅くなってしまう場合があります。

印象としては、どこにでもある「平凡な文章」になりがちです。

ただ、これは「指示の質」が高くないことが原因のような気がします。

より細かく指示を与えることで、より優れた文章が作成できるため、慣れるということが非常に大事です。

中級者以上には物足りない

そもそも、AIに詳しい方や自分でプロンプトを作成できるような中級者以上のユーザーにはあまり向かないと思います。

それこそ、ChatGPTを使用してプロンプトを作成したり、他の画像生成AIを使用した方が費用面でもコスパが良いでしょう。

ただ、専門知識やチームで作業を行う場合については、SAKUBUNのようなツールを使用することで、より円滑で無駄のない仕事ができるのではないかと思います。

SAKUBUNの登録手順

SAKUBUNの登録は非常に簡単で、早ければ3分程で終わります。

下記リンク先のページを開きます。

≫ SAKUBUNの申し込みページはこちら

まずは、Googleアカウントもしくは登録したいメールアドレスを用意しておいてください。

STEP
アカウントを登録する

SAKUBUNの利用を開始するためには、Googleアカウントもしくはメールアドレスが必要です。

特にどちらでも構いませんので、選択して「新規登録」を行います。

アカウントを登録する

これだけで、フリープランの利用は開始することができます。

クレジットカードの登録もないですし、フリープランに期限があるわけでもないので、安心して利用できる点も良いです。

STEP
アップグレードするプランを選択

次に、アップグレードするプランを選択します。

画面右下の[アップグレード]を選択します。

画面右下の[アップグレード]を選択

アップグレードするプランの[料金について詳しく]を選択します。

今回は、「スタンダードプラン」にアップグレードします。

パーソナルプランの場合は、使用する文字数を選択します。

また、チームプランへのアップグレードに関しては、問い合わせする必要があります。

アップグレードするプランの[料金について詳しく]を選択
STEP
クレジットカードで決済

プランを選択すると、決済画面が表示されます。

カード情報を入力し、[申し込む]を選択

クレジット決済に不安を感じる方もいるかもしれませんが、決済には、オンライン決済代行の「Stripe」が採用されています。

カード情報は、SAKUBUNのシステムは一切経由せず、Stripe側で処理されます。

Stripeは、世界の数百万の企業が導入している決済システムで、セキュリティー的にも安心して利用することができます。

カード情報を入力し、[申し込む]を選択して完了です。

アップグレードが完了すると、登録したメールアドレス宛に、「請求書」と「領収書」が添付されたメールが送信されるので、必ず確認しておきましょう。

「請求書」と「領収書」が添付されたメールが送信

\ 文章作成を自動化 /

まとめ

SAKUBUNは、初心者でも簡単に日本語で直感的な操作が可能なAIライティングツールです。

以下のような方には特におすすめできるツールです。

SAKUBUNがおすすめな人
  • プロンプトの知識がない方
  • チームで作業をする方
  • 文章の作成が苦手な方

まずは、お試しで使ってみてはいかがでしょうか?

\ 無料プランあり/

あわせて読みたい
SAKUBUNの料金プランと特徴を解説【AIライティングツール】 近年、AI(人工知能)技術の進歩は目覚ましいものとなり、その影響は私たちの生活のあらゆる領域に広がっています。 特に、文章作成においてAIの力を借りることで、効率...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次