WordPressに必ず入れておきたい初心者向けおすすめプラグイン5選をご紹介

 

WordPressに必ず入れておきたい初心者向けおすすめプラグイン5選をご紹介

WordPressが世界中で利用される理由の一つに「プラグインの充実」が挙げられます。

様々な機能がボタン一つで利用可能になり、管理者やユーザーの利便性がアップされていますよね。

但し、豊富なプラグインの種類が却って、初心者の方には「どれを選べば良いのか分からない」というデメリットになってしまいます。

そこで本記事では、「WordPressに必ず入れておきたい初心者向けおすすめプラグイン5選」をご紹介します。

ちなみに、初心者におすすめのWordPressテーマについても下記記事でご紹介していますので、あわせてどうぞ!

WordPressに必ず入れておきたい初心者向けおすすめプラグイン5選をご紹介

今回ご紹介するプラグインは5つで、最低限入れておきたいものに限定してご紹介します。

先に結論から言ってしまうと、以下の5つです。

  • Akismet Spam Protection(コメントスパム対策)
  • SiteGuard WP Plugin(セキュリティー対策)
  • All in one SEO(SEO対策)
  • EWWW Image Optimizer(画像最適化)
  • BackWPup(バックアップ)

これ以外にも、本当にたくさんの便利なプラグインがありますので、用途に合わせて追加していくとよいでしょう。

Akismet Spam Protection(コメントスパム対策)

Akismet Spam Protection

まず最初にご紹介するのは、「Akismet Spam Protection」です。

このプラグインは、スパムコメントを防いでくれるプラグインです。

WordPressをインストールした時点で既にインストールされているので、知っているという方も多いのではないでしょうか。

WordPressを利用していると、遅かれ早かれいつかはコメントスパムが来ることになります。

しかも、1日に数百件なんてこともあります。

当然、一つずつ削除するのは現実的ではありません。

しかし、Akismetを利用することで、自動でスパムコメントを振り分けてくれます。

以下の画像は、当サイトでAkismetがブロックしたスパムコメントの統計情報です。

Akismetがブロックしたスパムコメントの統計情報

当サイトでは、コメント機能は利用していませんが、これだけのスパムコメントがブロックされています。

WordPressをインストールした時点で、必ず有効化するようにしましょう。

SiteGuard WP Plugin(セキュリティー対策)

SiteGuard WP Plugin

次に、「SiteGuard WP Plugin」です。

このプラグインは、WordPressのセキュリティー対策に用いるプラグインです。

WordPressでは、不正アクセスが頻繁に起こっています。

特に、顧客の個人情報を扱うようなサイトを運営する場合は、セキュリティー対策は必須です。

また、個人ブログでも不正アクセスされて、せっかく書いたブログ記事がすべて削除されるなんてこともあります。

セキュリティー対策プラグインは、他にもありますが、「SiteGuard」は、国内の会社が開発しており、初心者の方にも設定がしやすいのでおすすめです。

ちなみに、「SiteGuard」では以下の様な設定が可能です。

  • 管理ページアクセス制限
  • ログインページ変更
  • 画像認証
  • ログインロック
  • ログインアラート …etc

All in one SEO(SEO対策)

All in one SEO(SEO対策)

All in one SEO」は、WordPressではお馴染みのSEO対策プラグインです。

簡単に言うと「検索結果にどのように表示されるか」を設定することができます。

また、SNSのOGP(Open Graph Protocol)やXMLサイトマップの設定も可能です。

すべての機能を利用するには、有料ライセンスが必要ですが、無料でも十分な機能が利用できるので、初心者の方にはおすすめです。

EWWW Image Optimizer(画像最適化)

EWWW Image Optimizer(画像最適化)

EWWW Image Optimizer」は、アップロードした画像を圧縮などの画像最適化をしてくれるプラグインです。

画像ファイルは、サイトの表示速度に与える影響が非常に大きく、表示速度はユーザーの利便性を損なうとともに、Googleの検索結果にも影響があります。

したがって、サイトの表示速度の改善は、サイト運営の必須項目と言えます。

EWWW Image Optimizer」は、有効化するだけで細かい設定などはなくても十分利用できます。

また、既存の画像についても一括で最適化することができるのもメリットです。

BackWPup(バックアップ)

BackWPup(バックアップ)

最後にご紹介するのは、「BackWPup」です。

BackWPup」は、テーマファイルや画像、投稿などのデータベースの内容をバックアップしてくれるプラグインです。

WordPressでは、本体やプラグインのアップグレードやサーバー移行など、不具合によってデータが消失してしまうリスクが幾度となく訪れます。

したがって、データのバックアップは必ず取るようにしなければなりません。

「BackWPup」なら難しい設定も必要なく、必要なデータを好きな時に保存することができます。

また、日時を指定して自動バックアップすることも可能なので、大事なデータをしっかり守ることができます。

WordPressのプラグインに関する3つの注意点

WordPressのプラグインに関する3つの注意点

さて、ここまでWordPressのおすすめプラグイン5選をご紹介しましたが、ここからは「WordPressのプラグインに関する注意点」もご紹介します。

プラグインをインストールする際は、必ずバックアップを取りましょう

WordPressのプラグインは、不具合を起こすこともあります。

インストールした後に、取り返しのつかない事態にならぬよう必ずバックアップを取っておきましょう。

上記でご紹介した「BackWPup」を使えば、新規追加やアップデートの際も安心してインストールすることができます。

プラグインを入れすぎると不具合が起きたり表示速度が低下する

WordPressのプラグインを何十個もいれてしまうと、プラグイン通しが干渉したり、不具合が出てしまう可能性があります。

また、プラグインにより表示速度が低下してしまうことで、ユーザーの利便性を下げてしまいます。

できるだけ、プラグインの利用を最小限に留める努力が必要です。

本当にその機能が必要かどうかをしっかりと検討してから導入するようにしましょう。

プラグインの更新頻度や最終更新日を確認する

WordPressのプラグインは、個人開発されたものが多くを占めています。

したがって、プラグインの更新が全くされず、脆弱性があるプラグインも多数あります。

そのため、インストールする前に、そのプラグインの最終更新日と使用中のWPバージョンとの互換性を確認するようにしましょう。

半年や1年以上更新がされていないプラグインは、その後も更新される可能性が低い為、インストールを避けるようにしてください。

まとめ:WordPressに必ず入れておきたい初心者向けおすすめプラグイン5選をご紹介

今回は、「WordPressに必ず入れておきたい初心者向けおすすめプラグイン5選」をご紹介しました。

いずれも利用しているユーザーが多く、情報も多い為、初心者の方でも簡単に設定することができます。

但し、プラグインに気を取られすぎて、大事な「コンテンツ」を疎かにしないように注意したいところですね。