アフィリエイトの仕組みを初心者にも分かりやすく図解【FAQあり】

 

アフィリエイトの仕組みを初心者にも分かりやすく図解【FAQあり】

副業で月5万円稼ぐことができれば、今よりもずっと生活が楽になったり、趣味に使えるお金が増えますよね。

近年、副業を始めたいという人が一気に増えました。

アフィリエイトは、その中でも「初心者が始めやすい副業」の代表格と言えるほど人気の副業です。

しかし、「アフィリエイトってどんな仕組みで報酬を得ているのか理解できない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、アフィリエイトの仕組みを初心者の方にも分かりやすく図解しています。

【図解】アフィリエイトの仕組みとは?

アフィリエイトの仕組みを知るうえで、まず「アフィリエイトとは?」ということから説明します。

アフィリエイトとは、インターネット広告の一つで、主に「成果報酬型の広告」を指します。

メディア(ブログやホームページ)に掲載された広告(テキストや画像)をクリックまたはタップし、その後実際に購入まで至ると、購入代金の一部がメディアの運営者に報酬として払われます。

商品を効率よく売ることができる広告主と報酬を得ることができるメディアの双方にメリットがあるため、多くの企業がアフィリエイトによる広告を導入しています。

アフィリエイトは、広告主、ASP、メディア(アフィリエイター)、ユーザーで成り立っている!

アフィリエイトの仕組みを図で表すと、以下のようになります。

アフィリエイトの仕組み

商品を宣伝・広告したい企業(広告主)と広告を掲載して報酬を得るアフィリエイター、両者をつなぐ役目をしているASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)、そして実際に商品を購入するユーザーで成り立っています。

広告主は、ASPに広告費を支払い、広告を掲載してくれるアフィリエイターとの仲介を依頼します。

ASPは、登録しているメディア(アフィリエイター)へ広告の掲載リンクや成果の計測システムを提供します。

アフィリエイターは、ASPで扱っている広告を自身のブログやホームページに掲載します。

ユーザーは、アフィリエイターのブログやホームページの広告をクリックし、商品やサービスを購入します。

購入が確認できた時点で、ASPはアフィリエイターにアフィリエイト報酬を支払います。

それぞれの需要と供給のバランスが良く、正に「全員がWin Winの関係」であることが見て分かると思います。

これがアフィリエイトの大まかな仕組みです。

ASPってどんなサービス?

A8.net

ASPという聞きなれない言葉が出てきましたが、どのようなサービスを行っているのかをもう少し詳しく説明します。

ASPは、「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」のことです。

一言で表すと、「広告主とアフィリエイターの仲介」をしてくれるサービスです。

ASPが仲介をしてくれるため、広告主はアフィリエイター一人ひとりと直接やり取りをしなくて済みますし、アフィリエイター側も単価交渉などをASPが代わりにしてくれるといったメリットがあります。

ちなみに、同じく「ASP」という言葉で表す「アプリケーション・サービス・プロバイダ」とは別物なので混同しないように注意しましょう。

日本国内の有名なASPとしては、以下のようなサービスがあります。

それぞれのASPの特徴やおすすめのASPについては、下記記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。

アフィリエイトには3種類の稼ぎ方がある

さて、アフィリエイトの仕組みとともに、覚えておきたいのが「アフィリエイト報酬の種類」についてです。

アフィリエイト報酬の種類には、「インプレッション型」と「クリック型」そして「成果報酬型」と3種類の稼ぎ方があります。

上記では、主に「成果報酬型」のインターネット広告と説明しました。

実際に、アフィリエイターの多くはこの成果報酬型の報酬がメインなのですが、広告案件によっては、インプレッション型やクリック型のアフィリエイトで稼いでいるという人もいます。

それぞれの特徴をまとめました。

インプレッション型

インプレッション型広告は、ブログやホームページに掲載した広告が表示される毎に報酬を得ることができます。

クリック型や成果報酬型に比べて成果発生のハードルが低いのが特徴です。

しかし、その分「単価」が低い為、大きく稼ぐには多くのアクセス数が必要になります。

インプレッション型をメインにアフィリエイトに取り組むことは難しいでしょう。

 

クリック型

クリック型広告は、「Googleアドセンス」が代表的です。

広告をクリックされることで、報酬を得ることができます。

クリックされた後に、商品が購入されなくても報酬を得ることができるのが特徴です。

ブログの内容に沿った広告を表示することで、クリック率を上げるといった工夫が必要になります。

 

成果報酬型

成果報酬型広告は、広告主が指定した成果が達成された時点で報酬が発生します。

主に、ASPに登録することで広告を掲載することができます。

広告主によっては、「資料請求」や「無料登録」など成果のハードルが低い案件もあり、月に数百万円を稼ぐアフィリエイターもいます。

これからアフィリエイトを始めるという方は、この成果報酬型の広告を選択するのがおすすめです。

初心者におすすめは「成果報酬型」

初心者におすすめは「成果報酬型」

上記の中で、初心者の方におすすめしたいのは「成果報酬型」です。

一見、インプレッション型やクリック型の方がハードルが低そうに思えます。

しかし、インプレッション型とクリック型は「単価」が低いです。

その分、多くのアクセス数が必要になります。

1日に1,000人がサイトへ訪問すると仮定して計算してみます。

クリック型(Googleアドセンス)の場合

例えば、クリック型広告の「Googleアドセンス」では、1クリックあたりの単価が20円や30円が当たり前です。

クリック率は「1%」あれば上出来と言われていますので、以下の様に計算することができます。

1,000人(アクセス人数)× 1%(クリック率) × 30円(クリック単価) = 300円

1,000人が訪問しても1日300円しか稼げません。

実際は、ジャンルや記事構成によって変動はしますが、決して極端な例ではありません。

成果報酬型の場合

一方で、成果報酬型ならどうでしょうか?

クリック率は同様に1%とします。

成果報酬型はサービスや商品を購入されて初めて報酬が発生しますので、報酬単価が予め決められています。

これは非常に重要で、Googleアドセンスなどと違い、「単価の高い広告を自分で選ぶことができる」というわけです。

例えば、報酬単価が1,000円の案件を選ぶとします。

成果報酬型は、クリック率に加え「成約率」を考慮する必要があり、成約率は10%前後が一般的です。

したがって、10%として計算すると以下のようになります。

1,000人(アクセス人数)× 1%(クリック率) × 10%(成約率) × 1,000円(報酬単価) = 1,000円

同じアクセス数でも、成果報酬型の方が多く稼ぐことができます。

もちろん、上記は例であるため実際の数値はサイトやジャンルによってバラツキがでてきます。

まとめると、アクセス数の少ない初心者の方こそ「高単価」のジャンルを選ぶことが重要になります。

おすすめのアフィリエイトジャンルについては、下記記事でも解説していますのでよかったら見てください。

アフィリエイトを始めるために必要なものは?

アフィリエイトを始めるために必要なものは?

ここからは、アフィリエイトを始めるために必要なものをご紹介します。

アフィリエイトを始めるために必要なものは以下の3つです。

  • ブログ(Webサイト)
  • ASPへの登録
  • 報酬を受け取る銀行口座

ブログ(Webサイト)を用意する

まずは、広告を掲載するための「ブログ(Webサイト)」が必要です。

当サイトのようなブログ形式のWebサイトでも良いですし、企業のホームページのようなWebサイトでも特に決まりはありません。

初心者の方は、WordPressを使うのがおすすめです。

無料で利用でき、レンタルサーバーでも簡単インストールが可能なので、WordPressにしておけば間違いないでしょう。

WordPressのインストールについては、下記記事を参考にしてください。

ASPへの登録

Webサイトを用意したら「ASP」に登録します。

ASPには、主に「誰でも登録できるオープン型」と「非公開のクローズド型」があり、クローズド型は招待制であるため開設当初は利用できません。

アクセス数などの実績ができてきたら、サイトのお問い合わせページなどから「掲載しませんか?」などといった連絡が来ます。

したがって、まずはオープン型のASPに登録しましょう。

どのASPに登録すればよいか迷っている方は、以下のASPすべてに登録しましょう。

ASPによって取り扱っている広告や同じ広告主でも単価が異なるため、比較するためにもすべてのASPに登録するのがおすすめです。

ちなみに、いずれも登録や利用に一切料金は掛かりませんので安心してください。

それぞれのASPの特徴やおすすめのASPについては、下記記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。

報酬を受け取る銀行口座

ASPからアフィリエイト報酬を受け取る際には、銀行口座が必要です。

注意する点としては、ASPに登録する際の名前と口座名義を同じにする必要がある点です。

フリーランスの人などには、口座名義に屋号が含まれている場合もあるかと思います。

そのような口座名義の場合、登録できないASPもありますので注意してください。

アフィリエイトに関するFAQ

アフィリエイトに関するFAQ

本記事では、「アフィリエイトの仕組み」についてご紹介しました。

アフィリエイトに興味がある方の中には、「アフィリエイトは危険」や「今からでも稼げるの?」等と感じている方もいるかもしれません。

そこで、よく聞かれる質問(FAQ)をまとめてみました。

アフィリエイトを始めるのに費用はどれくらいかかる?

アフィリエイトを始める際に必要な費用は「レンタルサーバー代」と「ドメイン代」がほとんどです。

本記事の、「アフィリエイトを始めるために必要なものは?」で説明した通り、アフィリエイトには「ブログ(Webサイト)」が必要です。

では、ブログを開設するために必要なものは?というと、「レンタルサーバー」と「ドメイン」です。

レンタルサーバーとは「ブログ(データ)を保存する倉庫」のようなもので、「ドメイン」は、「ブログの住所」のようなものです。

どちらも、どのサービスで取得するかによってかなり金額差があります。

具体的な金額を出すと、レンタルサーバーが年間で10,000円前後、ドメインが年間2,000円前後で取得可能です。

それぞれのおすすめサービスに関しては、下記記事も参考にしてください。

アフィリエイトは危険?

 

アフィリエイトは危険?

Googleなどで「アフィリエイト」というキーワードを調べると、「アフィリエイト 危険性」などという関連ワードが表示されます。

実際、「アフィリエイトって何か怪しい」とか「詐欺に遭うのではないか?」と感じてしまう方もいるかもしれません。

なぜ、そのように感じてしまうのか主な理由は以下の通りではないでしょうか。

情報商材やネットワークビジネスのイメージがあるから

情報商材とは、「アフィリエイトで稼ぐ方法教えます!」や「最短3日で20万稼げる!」といった情報を何十万もする価格で販売するビジネスです。

情報商材自体が悪いわけではありませんが、中には少し調べれば誰でも分かるようなことを「何十万」もする金額で販売する人もいるため、初心者の方ほど注意する必要があります。

では、なぜこのような情報商材に手を出してしまうのでしょうか?

恐らくこの記事を見ている方の多くは、「労働」によって、収入を得ている方だと思います。

労働というのは、給料を貰いながら働くということです。

逆に、働いたのに給料が貰えなければ働きませんよね?

アフィリエイトというのは、どれだけ自分が頑張っても、時間を掛けても「無収入」な時期は誰にでもあります。

しかし、労働によって給料を貰うことに慣れている人は、その「無収入」に耐えることが難しいです。

ですから「3日で○○万円稼げます!」や「すぐに稼げる方法教えます!」などといった「情報商材」に手を出し、早くこの苦痛から逃れたいという心理が働きます。

もし、その手法が本当に稼げるとして、なぜそれを人に教えるのでしょうか。

本当に稼ぎ続けることができるのであれば、人に言わずに自分が実践していればよいのです。

これからアフィリエイトを始めるという方は、ぜひそのことを頭に入れていただければと思います。

今から始めてもアフィリエイトで稼げないって本当?

まず、アフィリエイトで稼げる人はどれくらいいるのでしょうか?

以下は、アフィリエイトマーケティング協会が毎年調査しているアンケート「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020」によると、アフィリエイト開始1年未満の人で「収入はない」と答えた人の割合は「70.74%」です。

つまり、7割の人は1年以上収入がないという事です。

これを聞いて、やっぱり止めておこうと考える方もいるかもしれませんが、ここで大事なことは「3割の人は稼げている」という事です。

但し、やるからにはある程度の戦略を持たなければ、稼ぐのは難しいと思います。

下記記事では、どのように戦略を立てればよいのかを私自身の経験や知識からご紹介しています。

「これをやれば稼げる!」といった「手法」ではなく、本質的な事を書いています。

未成年でもアフィリエイトは可能?

基本的に「18歳以上」でなければ、ASPに登録することができないため、アフィリエイトを行うことはできません。

また、ASPによって規定が異なる場合があるため、未成年者でアフィリエイトにチャンレンジしたいという方は、各ASPで詳細を確認してください。

無料ブログでもアフィリエイトは可能?

無料ブログとは、「アメーバブログ」や「FC2ブログ」、「はてなブログ」といった誰でも無料でブログを書くことができるサービスのことです。

これらのサービスでは、アフィリエイトに制限があることが多いです。

例えば、「アメーバブログ」なら「Ameba Pick」という独自のアフィリエイトプログラムしか利用できないといった感じです。

これらの無料ブログでは、外部ASP(A8.netやバリューコマース等)の利用が制限されているため、本格的にアフィリエイトにチャレンジしたいという方にはおすすめできません。

もし、これからブログを開設したいという方は、「WordPress」を利用すれば制限なく広告を扱うことができます。

WordPressは無料で利用でき、テンプレートも豊富なため、アフィリエイトサイトだけでなく、企業サイトでも世界中で利用されているツールです。

WordPressの始め方については、下記記事を参考にしてください。

アフィリエイトで逮捕されるって本当?

アフィリエイト関連のニュースで、たまに「アフィリエイターが逮捕」というニュースを目にします。

直近でも、2021年3月にアフィリエイターが逮捕される事件がありました。

その多くは、「薬機法」と「景品表示法」、「著作権法」によるものです。

これらは、健康食品を「○○病が治る」とい謳うことや、実際の商品より誇大して表示する、マンガや映像の無断転載といった事によって逮捕まで至っています。

アフィリエイトを行う上で、きちんと法律やASPのガイドラインを遵守して取り組めば、決して逮捕されるようなことはありません。

自分と関係のないジャンルであっても必ず知っておくべき法律があります。

知らなかったでは済まされないので、必ず目を通しておきましょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトの仕組みをご紹介しました。

これからアフィリエイトを始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

何事もはじめの一歩を踏み出すことが最も大変なことかもしれませんが、ぜひアフィリエイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

私自身の体験からアフィリエイトで収益をUPさせるポイントを解説していますので、こちらもよかったら見てみてください。