シン・レンタルサーバーの料金はいくら?特徴とおすすめプランを比較

 

シン・レンタルサーバーの料金はいくら?特徴とおすすめプランを比較

シン・レンタルサーバーは、月額料金が539円から利用できるレンタルサーバーです。(※料金は記事執筆時のもの)

超高速CMS実行環境「KUSANAGI」を採用した、高速かつセキュリティーに優れた新世代のレンタルサーバーです。

ちなみに、運営しているのはエックスサーバーと同じ「エックスサーバー株式会社」です。

エックスサーバーとの違いは、新しい機能をいち早く取り入れることで、革新的なレンタルサーバーを目指すということ、つまり、「新機能をどんどん取り入れる最新型」と「しっかりとテストを重ねた安定型」といった違いがあります。

どちらも優れたレンタルサーバーなので、好みの問題かもしれませんが、この記事では「シン・レンタルサーバー」の料金プランや機能、特徴などをまとめてみました。

エックスサーバーとの比較については次の記事をどうぞ!

シン・レンタルサーバーの料金

シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバーの料金は4つのプランから選択することができます。

  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム
  • ビジネス

まずは、それぞれのプランの料金をまとめました。(※税込)

契約期間 ベーシック スタンダード プレミアム ビジネス
3ヶ月 990円 1,980円 3,960円 7,920円
6ヶ月 990円 1,980円 3,960円 7,920円
12ヶ月 880円 1,780円 3,560円 7,120円
24ヶ月 825円 1,650円 3,300円 6,600円
36ヶ月 770円 1,540円 3,080円 6,160円

次に、それぞれのプラン毎に主なスペックの詳細を見ていきます。

また、現在キャンペーン中につき、割引が適用された価格で表示をしていますので、参考にしてください。

但し、キャンペーンの開催の有無によって価格は変動する場合があるので、必ずご自身で公式サイトをご確認ください。

≫ シン・レンタルサーバーの公式サイトはこちら

ベーシックプランの詳細

ベーシックプランは、シン・レンタルサーバーの中で最も安価なプランです。

最安プランと言っても、大抵のサイト運営者にとっては、十分なスペックを擁しているプランです。

項目 仕様
月額費用 3ヶ月→ 990693円
6ヶ月→ 990693円
12ヶ月→ 880616円
24ヶ月→ 825577円
36ヶ月→ 770539円
初期費用 0円
無料お試し期間 10日間
CPU 仮想6コア
メモリ 8GB
ディスクスペース(SSD) 300GB

最安価格である月額539円(税込)から利用することができ、3ヶ月や6ヶ月といった短期で使ってみたいという方でも、十分に安い価格で利用することができます。

ちなみに、キャンペーンによる割引率は30%ですが、長期間の契約を選択することで、より割引率が高くなります。

スタンダードプランの詳細

スタンダードプランは、シン・レンタルサーバーの中で最も標準的なプランです。

企業のホームページや何個もブログを作成したいアフィリエイターにもおすすめですし、価格とスペックの良いとこどりができるコスパの高いプランです。

項目 仕様
月額費用 3ヶ月→ 1,9801,386円
6ヶ月→ 1,9801,386円
12ヶ月→ 1,7801,246円
24ヶ月→ 1,6501,155円
36ヶ月→ 1,5401,078円
初期費用 0円
無料お試し期間 10日間
CPU 仮想8コア
メモリ 12GB
ディスクスペース(SSD) 400GB

36ヶ月払いを選択すると、月額1,078円となります。

この価格で、CPU仮想8コアやメモリ12GBといった高スペックのサーバーを利用することができます。

より、高速なページ表示速度や画像を多く使うWebサイトを作りたい方はおすすめです。

プレミアムプランの詳細

プレミアムプランは、シン・レンタルサーバーの中でもハイグレードなプランです。

大規模サイトやアクセスの集中にも耐えることができるプランです。

項目 仕様
月額費用 3ヶ月→ 3,9602,772円
6ヶ月→ 3,9602,772円
12ヶ月→ 3,5602,492円
24ヶ月→ 3,3002,310円
36ヶ月→ 3,0802,156円
初期費用 0円
無料お試し期間 10日間
CPU 仮想10コア
メモリ 16GB
ディスクスペース(SSD) 500GB

36ヶ月払いを選択すると、月額2,156円となります。

非常にハイスペックのレンタルサーバーを利用することができます。

かなり大規模なサイトでも高速に表示できるでしょう。

また、アクセスの集中にも耐えることができるスペックです。

ビジネスプランの詳細

ビジネスプランは、シン・レンタルサーバーの中で最もハイグレードなプランです。

正直、個人で借りる場合や、通常の企業のホームページでは必要のないほどのスペックです。

契約時点で既にかなりのアクセス数がある場合には検討してもよいでしょう。

項目 仕様
月額費用 3ヶ月→ 7,9205,544円
6ヶ月→ 7,9205,544円
12ヶ月→ 7,1204,984円
24ヶ月→ 6,6004,620円
36ヶ月→ 6,1604,312円
初期費用 0円
無料お試し期間 10日間
CPU 仮想12コア
メモリ 20GB
ディスクスペース(SSD) 600GB

36ヶ月払いを選択すると、月額4,312円となります。

最もハイグレードなプランで、個人で借りている人はかなり少ないと言えるプランでしょう。

≫ シン・レンタルサーバーの公式サイトはこちら

シン・レンタルサーバーの独自ドメインの料金

独自ドメイン

レンタルサーバーと合わせて必要になる独自ドメインシン・レンタルサーバーで取得することができます。

これは、あくまでオプションであるため、必ずしもシン・レンタルサーバーで取得する必要はありません。

レンタルサーバーとドメインを一元管理ができたり、面倒な設定をしなくても良いといったメリットがあります。

よく使われるドメインの取得費用をピックアップしました。

種類 年額(税込)
.com 取得:1,180円
移管:1,300円
更新:1,630円
.net 取得:1,280円
移管:1,520円
更新:1,740円
.info 取得:480円
移管:1,630円
更新:1,850円
.jp 取得:1,880円
移管:3,120円
更新:3,340円
co.jp 取得:3,980円
移管:4,140円
更新:5,720円

個人的には、ドメインに関しては別サービス(例:お名前.comなど)で取得した方が良いと思っています。

理由としては、もし将来的にレンタルサーバーを別サービスに乗り換えたとしても、手続きや移管費用が不要という点です。

ドメインについては、下記記事も参考にしてみてください。

シン・レンタルサーバーの独自SSLの料金

シン・レンタルサーバーのセキュリティ

続いては、独自SSLの料金です。

シン・レンタルサーバーでは、無料独自SSLが利用できます。

したがって、独自SSLに料金は掛かりませんが、企業HPやよりセキュリティーを高めたいという方は、オプション独自SSLを利用することができます。

この記事をご覧の方のほとんどの方は、無料独自SSLで問題ないと思いますが、ネットショッピングサイトやSNSサービスを開設するような方は有料のSSLの利用を検討すべきでしょう。

まずは、「ドメイン認証SSL」です。

個人サイトや小規模サイトで、企業の実在性を証明する必要があまりないWebサイトではこちらを利用すれば問題ありません。

ブランド 年額(税込)
Let’s Encrypt 0円
Core SSL 880円~
Secure Core 15,400円~
Geo Trust 13,200円~

続いて、「企業認証SSL」です。

特に法人サイトでよく利用され、実在している企業ということを証明することができます。

ブランド 年額(税込)
Secure Core 33,000円~
digicert 63,800円~

最後に、「EV SSL」です。

こちらは、世界標準の厳格な審査を通ったWebサイトのみが利用できる証明書です。

金融機関や大規模ネットショッピングモールなどで利用されています。

ブランド 年額(税込)
Secure Core 83,600円~

ちなみに、「独自SSLって何?」という方のために簡単に説明をすると、以下の役割を担っています。

  • ドメインやサーバーの所有者であることを証明する
  • ブラウザ(Google ChromeやSafariなど)とウェブサーバ間の通信を暗号化する

ウェブサイトでは、お問い合わせフォームやネットショッピングで情報を送信することがありますよね。

その際に、第3者に情報を不当に取得されることがあっては困ります。

実際に、個人情報の漏洩やフィッシング詐欺が後を絶ちません。

それらを防ぐセキュリティーの一端をSSLが担っています。

したがって、これからWebサイトを開設するのであれば「必須」機能であることは覚えておきましょう。

シン・レンタルサーバーの設定代行サービス

シン・レンタルサーバーの設定代行サービス

シン・レンタルサーバーでは、初期設定やメールアドレスの設定などオプションで設定代行をしてくれるサービスがあります。

どうしても個人で設定がうまくいかないという方は、検討してもよいでしょう。

しかし、まずはマニュアルを確認し、分からなければ「サポートへ問い合わせ」して設定方法を聞くなどしてからでも遅くありません。

以下、設定代行サービスの料金表です。

項目 作業内容 料金(税込)
まとめて初期設定 ・WordPressなどCMSのインストール
・メールアドレス作成
・独自ドメイン設定
・サブドメイン設定
33,000円
CMSインストール ・WordPressやEC-CUBEなどのインストール 5,500円
メールアドレス作成 ・100アカウントまで設定可 5,500円
独自ドメイン設定 ・独自ドメインを追加 5,500円
サブドメイン設定 ・サブドメインを追加 5,500円
サーバーのデータ削除 ・指定ディレクトリ配下のデータ削除 11,000円
サーバー移転 ・サーバーの移転作業 33,000円
その他サーバーパネルの
操作代行
・サーバーパネルの各機能の設定 別途見積もり

まとめ

今回は、シン・レンタルサーバーの料金について、特徴やプランを比較してみました。

KUSANAGIの高速化技術とエックスサーバーの高コスパの良いとこどりのレンタルサーバーとして、個人でも企業でも満足できるでしょう。

まずは、ベーシックプランから始めてみて、必要に応じてプランをアップグレードしていくのが最もおすすめです。

10日間は無料で利用できるので、まずは気軽にお試ししてみてはいかがでしょうか?

下記ボタンから公式サイトへ行くことができますので、どうぞ!

\ 10日間無料で利用可能 /
シン・レンタルサーバーはこちら

シン・レンタルサーバーについては、他の記事でもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

シン・レンタルサーバーに関する記事一覧