シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較から違いを解説

 

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較から違いを解説

シン・レンタルサーバーは、最新技術を積極的に取り入れた、高速レンタルサーバーです。

国内シェアNo.1のレンタルサーバーである「エックスサーバー」のシステムをベースに、高速実行環境である「KUSANAGI」を採用していることで、非常に高速なWebページの表示が可能です。

では、実際どのような点がシン・レンタルサーバーとエックスサーバーは違うのかを比較してみました。

今回は、料金やサーバーのスペック、機能、さらにはサポート体制についても比較対象としました。

シン・レンタルサーバーとは?

シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバーのシステムがベースになっています。

そこに、最新の技術を取り入れ、より高速に動くサーバーを目指しており、2021年5月に高速WordPress実行環境である「KUSANAGI」と提携したことで誕生した新世代のレンタルサーバーです。

ちなみに、運営元はエックスサーバーと同じ「エックスサーバー株式会社」です。

≫ シン・レンタルサーバーの公式サイトはこちら

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較

早速、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較をしていきます。

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの料金の違い

それぞれのサービスの料金を表にまとめてみました。(※税込)

シン・レンタルサーバーには4つのプラン、エックスサーバーには3つのプランがあります。

違いは、シン・レンタルサーバーには最安プランのベーシックがある点です。

料金 シン・レンタルサーバー エックスサーバー
初期費用 0円 0円
3ヶ月契約 ベーシック:990円
スタンダード:1,980円
プレミアム:3,960円
ビジネス:7,920円
スタンダード:1,320円
プレミアム:2,640円
ビジネス:5,280円
6ヶ月契約 ベーシック:990円
スタンダード:1,980円
プレミアム:3,960円
ビジネス:7,920円
スタンダード:1,210円
プレミアム:2,420円
ビジネス:4,840円
12ヶ月契約 ベーシック:880円
スタンダード:1,780円
プレミアム:3,560円
ビジネス:7,120円
スタンダード:1,100円
プレミアム:2,200円
ビジネス:4,400円
24ヶ月契約 ベーシック:825円
スタンダード:1,650円
プレミアム:3,300円
ビジネス:6,600円
スタンダード:1,045円
プレミアム:2,090円
ビジネス:4,180円
36ヶ月契約 ベーシック:770円
スタンダード:1,540円
プレミアム:3,080円
ビジネス:6,160円
スタンダード:990円
プレミアム:1,980円
ビジネス:3,960円

スペック的に近いシン・レンタルサーバーの「ベーシックプラン」とエックスサーバーの「スタンダードプラン」を比較するのが適切かと考えました。

結果、いずれの契約期間でもシン・レンタルサーバーの方が安いという事が分かりました。

そもそも、エックスサーバーの料金も決して高くはなく、安定的に動くことを考えると非常にコスパの良いレンタルサーバーと言えます。

しかし、シン・レンタルサーバーでは、さらに安く利用できるため、非常にお得です。

費用面で選ぶとすれば、まずはシン・レンタルサーバーの勝利と言えそうです。

シン・レンタルサーバーの料金について、オプションなども詳しく知りたいという方は以下の記事も参考になると思います。

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーのスペックの違い

続いては、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーのスペック(性能)について比較していきます。

今回比較するのは、「CPU」、「メモリ」、「ディスク容量」、「転送量」、「nginx」の4つです。

項目 シン・レンタルサーバー エックスサーバー
CPU ベーシック:仮想6コア
スタンダード:仮想8コア
プレミアム:仮想10コア
ビジネス:仮想12コア
スタンダード:6コア
プレミアム:8コア
ビジネス:12コア
メモリ ベーシック:8GB
スタンダード:12GB
プレミアム:16GB
ビジネス:20GB
スタンダード:8GB円
プレミアム:12GB
ビジネス:16GB
ディスク容量
(SSD)
ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
ビジネス:600GB
スタンダード:300GB
プレミアム:400GB
ビジネス:500GB
転送量 無制限 無制限
nginx

やはり、エックスサーバーをベースにしているということで、CPUやメモリ、ディスク容量ともに遜色ない結果となりました。

また、どちらもnginx(エンジンエックス)というWebサーバーを採用しているため、大量の同時アクセスにも問題なく対応することができます。

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの機能の違い

項目 シン・レンタルサーバー エックスサーバー
SSL 無料独自SSLあり
オプション独自SSLあり
無料独自SSLあり
オプション独自SSLあり
データベース 無制限 無制限
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
簡単インストール
自動バックアップ 〇(過去14日分) 〇(過去14日分)
Webサイト高速化 ・Xアクセラレータ
・HTTP/2
・FastCGI
・OPcache
・ブラウザキャッシュ設定
・Xアクセラレータ
・HTTP/2
・FastCGI
・OPcache
・ブラウザキャッシュ設定
SEO機能 XPageSpeed XPageSpeed

上記の表を見ていただければ分かりますが、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの機能に違いはありませんでした。

さらに細かいスペックの差はあるのかもしれませんが、サイトに記載されている技術面や機能面での違いはないと言えるでしょう。

また、どちらも「自動バックアップ機能」や「SEO最適化機能」が標準で利用できるのは非常に強みですね。

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーのサポート体制の違い

次に、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーのサポート体制の違いについて見ていきます。

項目 シン・レンタルサーバー エックスサーバー
メールサポート
チャットサポート ×
電話サポート
設定代行 〇(※有料オプション) 〇(※有料オプション)

どちらのサービスでも、メールや電話でのサポート・お問い合わせが可能です。

但し、エックスサーバーでは「チャット」による問い合わせが可能である点がシン・レンタルサーバーとの違いです。

また、設定代行サービスがどちらも用意されており、各種設定やサーバー移転作業などが分からないという人でも安心して利用することができます。(※いずれも有料オプション)

結論:シン・レンタルサーバーとエックスサーバーはどちらを利用すべき?

xserver

さて、ここまでシン・レンタルサーバーとエックスサーバーの料金、機能、サポート体制について比較してきました。

どちらもほとんど技術面やサポート面で違いはなく、遜色ないということが分かりました。

その上で、どちらのレンタルサーバーを利用するのがおすすめであるかを一応まとめてみます。

料金とスピード重視の方はシン・レンタルサーバー

上記で比較したように、費用面ではシン・レンタルサーバーの方がお得であることが分かっています。

したがって、費用を安く抑えたい方や表示速度が速いレンタルサーバーを求めている方はシン・レンタルサーバーがおすすめです。

Googleの検索結果にもページの表示速度の影響が反映されるので、SEO対策に力を入れたい企業やアフィリエイターにも満足度が高いサーバーでしょう。

\ 10日間無料で利用可能 /
シン・レンタルサーバーはこちら

安定と実績重視の方はエックスサーバー

もし、費用面よりも安定的に動くサーバーを求めているという方は、エックスサーバーがおすすめです。

何と言っても、国内シェアNo.1のレンタルサーバーであり、導入企業は15万社にも及びます。

また、ネット上に多くの情報があるため、分からないことがあっても検索すれば大抵のことは解決します。

新しいサービスであるシン・レンタルサーバーに比べると、実績や信頼感は非常に高いものがあるレンタルサーバーでしょう。

\ 10日間無料で利用可能 /
エックスサーバーはこちら

まとめ:シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較から違いを解説

今回は、シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較から違いについて解説してきました。

どちらのサービスも優れた素晴らしいレンタルサーバーです。

気になる方は、以下の記事も参照してみてください。